団地ニュース 平成28年8月号

★就任のご挨拶★

  牛赴熄、事 代表取締役 黒川泰栄

代表取締役・黒川泰栄.JPG 毎度おおきにの候、佐世保卸団地協同組合御用達「肉のくろがね」でございます。平素より夏祭りをはじめ多くのイベントで弊社をご利用頂き厚く御礼申し上げます。今年4月に母である前代表黒川テル子に代わり代表取締役に就任致しました黒川泰(たい)栄(えい)と申します。宜しくお願い申し上げます。
 弊社は、私の両親が昭和37年4月20日、「買う人の身になって売る店」をモットーに佐世保市松川町の市場にて創業致しました。そして翌月の14日に私を出産。さすが昭和一桁の女性の「逞しさ?」には頭が下がります。昭和38年5月に牛赴熄、事を設立し、県内外の小売店様、飲食店様との卸業務も始めました。そして設立10周年を機に、ご縁を頂き佐世保卸団地協同組合様へ加入させて頂くこととなりました。
 組合の催事は盛りだくさんで、運動会やソフトボール大会など、私も中学生の頃より参加させて頂き、今では懐かしい想い出です。中学・高校時代は帰省の折に父金田忠久と早朝より生産者の農家さん・お得意様・市場のセリを一緒に回り、現場の雑用が私の日課でした。
 昭和57年、私が大学1年生の時に父が余命3ヶ月と宣告され、帰天致しました。大黒柱を失い、弊社は厳しい状況に陥りました。しかしながら理事長様はじめ食品部会、組合員様からの励ましのお言葉を頂き、私共も大変勇気づけられ今日に至っております。この場を借りて感謝申し上げる次第です。
 大学は「地元九州で」と言われておりましたので、福岡に在籍したことは不幸中の幸いでした。本来ならば卒業後は「よそ様で修業をして…」となるところですが、そんな余裕はなく就活することもなく、大学のゼミ幹事、空手道部を卒業して、戸尾町の小売店舗に入った次第です。そんな私にとりまして商店街・卸団地青年部での異業種の皆様との交流は大きな財産となっております。卸団地の運動会では江崎さんから「黒川君は俵担ぎね!」と毎回、毎回、特命を受けておりました。また、青年部のCCガールズを招いてのイベントでは、費用対効果、興行の難しさ、恐ろしさ(?)を垣間見ました(笑)。現在、食肉業界は農家の後継者不足による和牛の高騰、TPP問題などの外圧と大変厳しい環境にあり、「食の安全・安心」が大きく問われております。私共も創業当時の原点に今一度立ち返り、お客様との出会いを大切に「地産地商」「安全・安心」のご提案に積極的に取り組んで参る所存です。@お客様に支えられ、A農家さんはじめ仕入先に支えられ、そしてB社員に支えられての「三方よし」。
 おかげさまで、弊社も佐世保卸団地協同組合の創立50周年に立ち会うことが出来ました。この「ご縁」を大切にし、感謝のうちに就任のご挨拶とさせて頂きます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 


【卸団地あれこれ】

  「佐世保卸団地協同組合団地完成までの歴史」その10

(7月号からの続き)

「資金繰りエピソードその1」

 資金づくりに関するエピソードは数多くあるが、1つは予定していた商工中金の融資が遅れた時の、成尾治男専務理事の活躍と金策に駆け回った時の苦労ぶりである。組合では昭和44年6月、土地取得費と造成費一部を支払うための融資を商工中金に申し込んだ。この際、融資の対象を団地の総面積とするか、それとも高度化資金の対象地域とするかで話し合いが続けられた。結局、高度化資金の助成対象地域だけに絞ることになり、融資期日は12月10日ということで、関係先への支払い日も連絡した。成尾専務らは何度も商工中金に足を運び、念には念をいれて「12月10日」を刻み続けていた。
 いよいよ明日に迫った9日、確認の意味で意向を聞くと、商工中金側は「聞いていないし、はっきりしない。」との返事があった。「昨日も会って、間違いないと確約したではないか」と申し込んだ際のメモを見つけたり、本店と連絡はとったりしたが、話し合いは平行線をたどった。支払日は8日後に迫っている。1億8千万円は早急に必要であった。しかし商工中金の態度は強硬であった。「とにかく、10日は無理。しかし月末頃には決まりそう。」との返事から前進しなかった。成尾専務の苛立ちの声はますます大きくなり、店内いっぱいに響き渡った。しかしどうしようもなく、組合では緊急の役員会を開いて対策を検討した。その夜、親和銀行に融資を申し入れたが、親和銀行は商工中金の確約がない限り貸せないとのことであった。この確約をとるため、成尾専務と親和銀行の川口隆俊貸付課長は、何回も商工中金と親和銀行の間を行ったり来たりした。やっと12月28日には出せそうだが、それも確定的なものではないとの回答があった。専務らはそれを頼りに親和銀行に懇願して、納得してもらった。
 暮れも押し詰まって、親和銀行から1億円が融資された。そして28日には商工中金から1億8千万円が実行された。支払を無事済ませた組合関係者はほっとした。「あそこで親和銀行の協力がなかったら、また川口課長の尽力がなかったら、つまずいていただろう。本当に感謝している。また商工中金のその後の配慮もありがたかった。」と成尾専務は当時のことを述懐している。

(次号に続く)

 


●平成28年 卸団地夏祭り●

 7月22日(金)、いつものように和太鼓の響きで幕開けとなった卸団地夏祭り。組合創立50周年記念となる今年の夏祭りは天候にも恵まれ、快晴のもとでの開催となった。
 多数の屋台メニューに加え、ステージでは日本の伝統文化を感じさせる詩吟、小中学生による白熱のコーラ早飲み大会、威勢のいい和太鼓演奏が繰り広げられた。そして、地元佐世保の大道芸パフォーマー「SATOYA」と、多数のテレビ出演やイベントライブをこなしている、ものまね芸人「マーガレットきよし」の楽しいステージショーで会場の盛り上がりは最高潮に!子供から大人まで一緒に楽しめた。
 最後は、組合創立50周年に因んで50インチTVなど豪華景品が当たるワクワクドキドキの「お楽しみ大抽選会」で幕を閉じ、今年も大盛況に終わった。

H28年卸団地夏祭り (1).JPGH28年卸団地夏祭り (2).JPG

H28年卸団地夏祭り (3).JPGH28年卸団地夏祭り (4).JPG

H28年卸団地夏祭り (5).JPGH28年卸団地夏祭り (6).JPG

H28年卸団地夏祭り (7).JPGH28年卸団地夏祭り (9).JPG 


◎卸団地夏祭りを終えて◎

   〜アンケート結果報告〜

  青年部会長 大杉 茂

 佐世保卸団地協同組合創立50周年という節目の年である平成28年の卸団地夏祭りは、色々な方々のご支援ご協力を得まして盛大に開催させて頂く事が出来ました。ご協力頂きました皆様、誠に有難うございました。
 皆様に喜んでもらえるような夏祭りにしようと努めた次第ですが、反面、至らなかった部分もあったのではないかと思います。そこで、次年度の夏祭りをより良い物にしていこうとアンケートを実施し、その結果が出ましたので報告致します。尚、この皆様の貴重なご意見等は、次年度に向けた検討材料とさせて頂きます。


     <ステージイベントのアンケート結果>

       ・良かった     60%

       ・普  通     36%

       ・つまらなかった 4%


     <飲食物のアンケート結果>

       ・美味しかった  54%

       ・普  通     43%

       ・不味かった    3%

 

  ≪総評≫

 卸団地の夏の風物詩となった「卸団地夏祭り」。今年も多数の方々にご来場頂き感謝致しております。ステージイベントは「良かった」の回答が多く、楽しんで頂けたと思っております。飲食物は昨年に比べ「美味しかった」の回答が約20%減り、また、数々のご意見・ご提案もございました。
 次回はこれらを基に検討を重ね改善・工夫をして、できるだけ多くの皆様に喜んで頂き、卸団地の活性化に少しでもお役に立てばと思っております。

H28年卸団地夏祭り (8).JPG 

 


■7月定例昼食会・プロフェッショナル人材事業説明会■

 7月4日、定例昼食会が開催された。
 今回は、長崎県プロフェッショナル人材戦略拠点の方を招き、「地方創生」実現のための内閣府事業であるプロフェッショナル人材事業について講話いただいた。
 また、7月21日には、そのプロフェッショナル人材事業についての詳細な説明会が開催され、経営課題を解決し、新たな取組に積極的に挑む「攻めの経営」への転換と、新たな戦略の実現に不可欠となるプロフェッショナル人材の採用を支援する仕組について説明いただいた。

 

  ▼定例昼食会                    ▼プロフェッショナル人材事業説明会

定例昼食会(H28年7月4日).JPGプロフェッショナル人材事業説明会.JPG 

 


▲ヤングドライバー交通安全推進委員委嘱式▲

 7月15日、組合会館大会議室において平成28年早岐地区ヤングドライバー交通安全推進委員委嘱式(早岐地区安全運転管理協議会主催)が行われ、18名の推進委員に本田俊雄早岐警察署長より委嘱状が交付された。
 当該推進委員は、早岐警察署管内の安全運転管理者選任事業所に勤務する24歳以下の運転免許保有者の中から選任され、事業所に勤務するヤングドライバーの交通安全意識の高揚を図り、若者のルールを無視した無謀運転を無くして交通事故のない安全な地域づくりを目指すものである。

ヤングドライバー委嘱式(H28年7月15日).JPG 

 


◆未来戦略委員会Uが開催される◆

 7月28日、未来戦略委員会Uが開催された。
 この委員会は、現状の佐世保卸団地協同組合の課題を認識し、組合員のニーズに合った組合運営を行うために、長崎県・佐世保市・長崎県中小企業団体中央会・商工中金・親和銀行を交え、活発な意見交換のもと今後の運営全般について検討された。

未来戦略委員会U.JPG 

 


〓第5回 卸団地“絆づくりボウリング大会”のご案内〓


     ●開 催 日   平成28年8月26日(金)

     ●集合時間  18時50分

     ●場   所   西肥シルバーボウル

 

     ※参加される方は、集合時間に遅れないよう余裕を持ってお越し下さい。

 


〓定期健康診断のご案内〓

  今年度の定期健康診断を下記の通り実施致しますので、お申込みの方は全員受診されますようお願い致します。

 

     ・日    程  平成28年9月6日(火)〜8日(木)

     ・受付時間  午前:  8時〜11時半

                午後:13時〜16時

     ・場    所  組合会館

 


〓第45回卸団地ソフトボール大会のご案内〓

    今年も恒例のソフトボール大会が開催されます。

 

     ・開 催 日  平成28年9月25日(日)

     ・時  間   午前8時30分(開会式)

     ・場  所   吉井北部運動広場

 

     ※詳細は別途配布の案内をご確認下さい。

 


〓組合創立50周年記念講演会のご案内〓

 

     【開催日】 平成28年9月9日(金)

     【時  間】 15時〜16時30分

     【場  所】 組合会館 1階 大展示場

     【講  師】 晦 and Live 代表取締役 田 明 氏
                 <潟Wャパネットたかた前社長>

 

     ※申込みの受付は終了致しました。

 

  
〓組合創立50周年記念式典・祝賀会のご案内〓

  下記の通り「組合創立50周年記念式典・祝賀会」を開催致します。

 

     【日 時】 平成28年9月9日(金)

            17時30分より

     【場 所】 ホテルオークラJRハウステンボス 鳳の間