団地ニュース 平成30年11月号

★就任のご挨拶★

  商工組合中央金庫 佐世保支店 支店長 小村 英司

商工中金佐世保支店長・小村英司.JPG 佐世保卸団地協同組合の皆さま、こんにちは。この度の人事異動で山口県の徳山支店より参りました小村と申します。前任の高畑の後を受け佐世保支店長として9月3日に着任いたしました。前任の徳山支店でも支店長を拝命しておりましたので、今回が支店長として2か店目になります。
 橘理事長をはじめ皆さまには、平素より私どもの業務に格別のご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。また、9月25日に開催された貴組合の観月会、10月1日に開催された昼食会では着任早々大変お世話になりました。重ねて御礼申し上げます。
 さて、まずは私の自己紹介でございますが、私は昭和44年4月19日生まれの49歳。出身は鹿児島で、家内の出身も鹿児島です。これまでの職歴を申し上げますと、出身地の鹿児島大学を卒業後、平成4年に商工中金に入庫しました。鹿児島支店を振出に、梅田支店、福岡支店、熊本支店、北九州支店、徳山支店を経て、今回の佐世保支店着任となります。東京本社の商工中金に入庫したのですが、全く本部勤務経験がなく、営業店しか経験していない(かつ九州の支店を5か店)職歴の支店長も「変わり種」の支店長の一人かもしれません。家族は子供が3人おりまして、大学4年の長女、福祉施設に通所している長男、高校2年の次女、以上3人です。家族は福岡に在住しております。現在、単身で参りましたが、長男が重度の障害を持っている関係もあり、週末は長男の介護に帰る生活を20年近く過ごして参りました。長男もハウステンボスが好きでしたので、私以上に佐世保支店着任を喜んでいるのは家族かもしれません。
 仕事においては前任地の徳山支店では中心市街地の活性化事業に力を入れて参りました。徳山(周南市)は中心市街地の地盤沈下が著しく、自家用車を持たず、中心市街地で生活するのは不便な状況でした。ところが、佐世保で生活してみると、市街地アーケードには活気があり、生活必需品の全てが徒歩圏内で何でも揃う、といった利便性に驚いた次第です。佐世保は今後の地方都市が目指すべきモデル都市になり得るポテンシャルを有しており、この魅力を発信していきたいと思います。佐世保経済の更なる発展に向け、微力ではございますが、商工中金佐世保支店職員一丸となって頑張って参る所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 


【卸団地あれこれ】

  「組合からの助成について」

 当組合は出資配当5%を実施したほか、今年度組合員1社当たり10万円、青年部にも1社当たり同額の助成金を支出した。だんち太鼓錬成会や山登り同好会にはそれぞれ20万円の助成を行った。活用状況は次のとおりである。繊維部会はベトナム旅行、雑貨部会は四国旅行、機電部会はオーストラリア旅行、食品部会は検討中、青年部は屋久島・種子島旅行及び独身を対象にした交流会が初めて開催された。だんち太鼓錬成会は、文化ホールでの発表会、山登り同好会は1泊2日で五島福江島の七ツ岳登山である。
 総会懇親会、観月会、新年懇親会、観桜会には必ずアトラクションを実施し楽しんでもらっている。直近の観月会はJR九州のななつ星のメインマジシャンを招聘した。会の終わりはビンゴゲームを行う。うまくいけば市価2万円相当の長崎和牛が当選する。最低でも、参加賞の長崎和牛が当たる。この長崎和牛も組合員に発注して喜ばれるので一石二鳥である。従業員向けには初めての試みとしてシネマボックス太陽を貸し切っての「坂道のアポロン」映画上映会をお弁当付きで開催したところ、大変好評であった。夏祭りにも組合から120万円助成をしている。例年通り絆づくりボウリング大会はレモンステーキ用のタレ付き長崎和牛が全員の参加賞である。絆づくりゴルフ大会は生卵2パック付きの長崎和牛である。団地ニュースのクイズコーナーは各社自慢の商品を毎号3名から5名当たるようにしている。
 研修では、クレーム電話応対研修(実施済み)、ビジネスメール講座(募集締め切り)が無料である。和食のテーブルマナー研修は来年2月18日(月)に予定している。実食して、アルコールも出るので車の場合は運転手の確保が必要になる。これも無料である。ボウリング大会は2月に開催するので、早めに申し込みをお願いしたい。なにせ長崎和牛を参加賞にしたところ、案内後数日で満杯になるのである。ゲーム代と靴代も無料である。11月23日は本年度2回目のゴルフ大会である。今回よりハンデ上限なしとしているので誰が優勝するかわからない。参加料千円は必要だが、各社から提供していただいた賞品も順位賞としてあり、優勝は理事長賞である。また生卵2パック付きのすき焼き用長崎和牛が全員の参加賞である。

 


◆雑貨部会旅行記◆

  山二塗料産業 鎌田隆幸

 10月12日〜14日の2泊3日で四国3県(愛媛・高知・香川)の雑貨部会研修旅行(総勢6名)に参加させて頂きました。四国は、九州の近くにありながら移動等で不便な面があり今まで行く機会がなく、初めての旅先ということで楽しみにしておりました。
 初日、組合会館から小型バスで新鳥栖駅へ移動し、新幹線にて福山駅(広島県)に到着。今回のガイドであるモデルのようなスラリぽっちゃり?の若い中年?の方と合流し、四国の旅が始まりました。しまなみ海道をバスで走り抜け、今治市の大山祇神社(四国八十八箇所55番)へ。参拝を終えてミカンジュースを飲んだところ、これがまた格別にうまい!その夜、道後温泉の大和屋別荘へ移動。最高級の施設で最高級のおもてなしを受けました。入浴は、日本で一番古い公衆浴場で国の重要文化財に指定されている、近くの道後温泉本館・神の湯に入り、ゆったり休息できました。
 2日目、最高級のホテルを後にして松山市内観光へ。石手寺(真言宗豊山派51番)から松山城(別名、金亀城又は勝山城)へ行き、帰りのロープウェイからの松山市内の眺望は歴史を感じる景色でした。午後は高知県へ移動。南国土佐といえば坂本龍馬。我が長崎にも縁があり身近に感じながら坂本龍馬記念館、桂浜を観光。龍馬像との記念撮影を済ませ高知市内の日航ホテルへ。夕食は得月楼にて、映画の撮影にも使用される和風の郷土料理に満足した時間でありました。
 3日目、早朝より高知市の台所と言われるひろめ市場を見学して香川県へ移動。琴平町にある「金刀比羅山」へ行き、今回の目玉であった参道入口から御本宮までの785段の階段に6人全員が挑戦!私自身不安であったが、先輩方のやる気に押され無事に頂上で参拝できました。その後、幸福の御守を購入し、今後の幸福をつかみ取った満足感に浸りながら美味しい讃岐うどんをいただきました。そして瀬戸大橋を渡って岡山駅まで行き、新幹線にて帰路に就きました。
 今回お世話いただきました藪内部会長をはじめ、同行して頂き仲良くして下さった雑貨部会の皆様ありがとうございました。よき旅でした。

雑貨部会H30年旅行.jpg 

 


≪10月定例昼食会≫

 10月1日、定例昼食会が開催された。
 今回は、人事異動で今年9月より商工中金佐世保支店長に就任された小村英司氏をお招きし、自身のプロフィールを含め、経歴や入庫当時からの経験談、抱負等を話して頂いた。

        定例昼食会(H30年10月1日).JPG 

 


〓主な組合行事予定〓

  (平成31年1月〜平成31年12月)


  【1月】  新年賀詞交歓会(7日(月))

         新年懇親会(21日(月))

  【2月】  普通救命講習(未定)

       和食テーブルマナー研修(18日(月))
 
         第46回ボウリング大会(22日(金))

  【3月】  観桜会(未定)

  【4月】  新入社員教育講座(3日(水))

       第5回絆づくりゴルフコンペ(未定)

  【5月】  通常総会・懇親会(20日(月))

  【7月】  卸団地夏祭り(26日(金))

  【8月】  第8回絆づくりボウリング大会(23日(金))

  【9月】  定期健康診断(3日(火)〜5日(木))
 
        第48回ソフトボール大会(未定)

        観月会(未定)

  【10月】 防災管理委員会(未定)

  【11月】 第27回ゴルフコンペ(未定)


  ※定例昼食会は、1・5月を除く毎月第1月曜に開催

  ※全員協議会は、4・6・9・11・3月の第3月曜に開催

  ◆日程は変更になる場合があります。

 


■協同組合八戸総合卸センター来局■

 10月16日、(協)八戸総合卸センターの橋本昭一理事長をはじめ役職員11名が視察研修のため当組合を訪問された。
 当組合からは橘理事長をはじめ7名の役職員が対応し、当組合の事業等を説明した。また、組合が抱える諸問題等について意見交換し認識を共有できた。今後も交流を図っていきたい。

八戸卸センター視察来局 (1).JPG八戸卸センター視察来局 (2).JPG 

 


◆クレーム電話応対研修◆

 10月23日、日本電信電話ユーザ協会本部契約講師の山下茂子氏を講師に迎えクレーム電話応対研修が開催された。この研修は、お客様からのクレーム電話を「満足」に変えるために実践を通し電話応対技術のレベルアップを図るもので、今年は9名の方が受講した。
 コミュニケーション手段が多々ある中で、電話応対は「声」と「言葉」だけによるコミュニケーションであり、応対の良し悪しが強く印象に残るものである。応対が悪いと会社全体のイメージダウンに繋がりかねない。一人ひとりの応対が、会社の業績に影響をもたらし、ビジネスの重要な鍵を握っていると言っても過言ではない。曖昧に話したり、不親切な応対で相手に不快感を与えないよう、立場に関わらず全員が会社の代表であるという自覚を持って電話応対に取り組むために、実践を交えながらコミュニケーションスキルや言葉遣いなど、クレーム電話への心構えとポイントを学んだ。

クレーム電話研修(H30年) (1).JPGクレーム電話研修(H30年) (2).JPG 

 


▲防災管理委員会▲

 10月25日、組合員各企業の防災管理委員27名出席のもと防災管理委員会が開催された。
 今回はまず、運転模擬操縦装置(ドライビング・シミュレータ)を出席者に体験していただいた。早岐警察署の協力を得て、運転適性検査機能を有する前述のシミュレータを搭載した交通安全教育車「セーフティーキャッチ号」を派遣してもらった。案内に沿って運転し、死角からの歩行者横断など交通事故につながる危険な場面での反応速度と判断力をチェックした。時間の都合上、全員が体験できなかったが、体験した委員の中には自分の運転に苦笑いする人も…。
 交通事故の原因は、前方をよく見ていない等の安全運転義務違反が非常に多く、交通事故を起こした人の大半が、ほんの数秒かもしれないが脇見や考え事などで漫然と運転しているという現実がそこにある。まずは防災管理委員の方より従業員の皆さんへ、交通事故の加害者とならないよう緊張感を持った慎重な運転を心がけるよう周知徹底・指導をお願いしたい。
 次は、早岐警察署交通課長の山口秀和氏による交通安全講話である。県内及び管内における今年の交通事故状況の報告と、交通事故を防止するために、先のシミュレータ体験のことも踏まえたうえでヒヤリ体験などの情報を共有し、自己中心的で身勝手な運転をしないよう指導があった。

防災管理(H30年10月) (1).JPG防災管理(H30年10月) (2).JPG 

 


●佐世保卸団地の歴史回想録(24)●

  和信産業 代表取締役会長 浦山政信

(10月号からの続き)

「ニュータウン落成記念碑」

 緑に囲まれた宅地が見事に出来上がると、当時の理事長が自分の名前と私の名前を入れた落成記念碑を作ったらどうかと言われました。私はこの発言を無視しました。というのもこの理事長は毎週開催される理事会の中で、ニュータウン開発に関連する議題が上がっても、議長として審議していかなければならないのに、どういう訳かその議事進行にもあまり積極的ではない人でした。そして宅地の購入において、会社はもちろんのこと社員からも申し込みがありませんでした。全く購入しないゼロの会社は数が少なかったのです。一方で卸団地の開発には、初めから大変お世話になった方がいらっしゃいました。それは佐世保市の辻市長でした。そこで市長に揮毫をお願いしたところ、快く引きうけてもらい「しあわせな暮らし」という文言の揮毫が出来上がりました。そこに「昭和52年1月 辻一三」と記しました。西彼杵産の青い蛇紋石に掘り込んだ記念碑が完成しました。これを商業地と住宅地の界のグリーベルトに建てました。
 2〜3年前にこの事を思い出したので、その記念碑を見に行きましたところ、40年も経過しているのですっかり汚れておりました。私は記念碑を綺麗にしたい旨を自治会長に申し出したところ了解を得ましたので、私は2万5千円を自己負担して青くピカピカに磨いてもらい、文字にも元の様に金箔を入れ綺麗にしておきました。

「ニュータウンのブロック塀」

 ニュータウンが完成した頃、「だんち太鼓」の創設に頑張られたのが「鎮西アルミサッシ」の川上社長でした。実は経営する会社は倒産したのですが、人気者でもありましたので組合や組合員の営繕の仕事を任され、食いつないで居られました。或るとき、川上社長が「ニュータウンの敷地には、区画がはっきりするようにブロック塀を作ったらどうかと思いますが」と言ってこられました。私も「どうせ後では隣同士で話合いの上、折半の負担金で作らないといけないしね。先に家を作る人が両隣と裏の地主3人と話合いをして負担額を決めてから作らないといけない訳ですね」と答えました。
 ところがこの川上社長は委員長の許可をもらったと、一気にブロック塀を作ってしまわれました。抽選会は終っていましたが、未だ代金の清算は済んでないタイミングでした。当然土地購入者から、話は聞いていないと私にクレームが有りました。結局事務局で話を付けてもらい、土地代に上乗せして代金の清算は済ませました。川上社長の人柄でしょうか、このような状況でも憎めない一面がありました。私は、結果として一気に作って良かったと思いました。

(次号に続く)

 


〜イチネン自動車買取制度〜


 【買取査定申込用紙】 組合事務局にあります。

 【専用URL】 https://kaitori.ichinen.co.jp/sasebooroshid

 【QRコード】

        イチネン買取制度QRコード.png

 ※組合ホームページの「組合員お役立ち情報」にも掲載しています。